• 楽天
  • 口コミ
  • モンド・セレクション
  • 井上先生インタビュー
  • 10%をポイント還元
  • 10%OFFチケットを贈呈中
  • 返金制度
  • モニター募集
  • SET購入で更にお得に
  • 座談会 座談会1 座談会2 座談会
  • アラヴォーテルネッサンスシリーズ ルネッサンスシャンプー ルネッサンスコンディショナー ルネッサンスエッセンス ルネッサンストライアル ルネッサンス3日間お試し
  • プリミエシリーズ プリミエシャンプー プリミエコンディショナー プリミエ3日間お試し
  • @cosme
  • 社長ブログ
  • フェイスブック
  • スキンケア大学
  • 楽天市場店
  • アマゾンショップ
 

仕事のストレスと髪への影響

自律神経は体のさまざまな部分に影響を及ぼします。
今回は、ストレスと髪の毛の影響についてお話します。

ストレスが髪の毛に与える影響

ストレスはメンタル面だけの問題ではなく、身体にも影響を与えてしまいます。
なぜならストレスは、身体の中にある様々な部位(臓器や器官、血管など)を自律神経がコントロールしているからなのです。
強いストレスを受けると、この自律神経にも影響を受けるため、頭が痛くなったり、お腹を壊すようなことになります。

これは髪の抜け方や生え方についても同様です。
自律神経のバランスが崩れてくると、頭皮の血管や細胞が弱まります。
その結果、身体がどんなに栄養を取っても、そういった部位まで酸素や栄養が行き渡らず、充分な活動ができなくなってしまいます。
そうなると、生えてくる髪の毛は細くは弱く、ボリュームのない髪になってしまい、抜け毛がどんどん増えていきます。

ホルモンと抜け毛の関係

近年では、ホルモンの働きも抜け毛や薄毛に影響があることが分かってきました。
ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンは、脱毛の効果があると言われています。
このホルモンは、血流を促進させるために分泌される、すなわち、血流が悪くなった時に分泌されます。

ストレスによってこのホルモンが分泌されるため、さらに脱毛が進んでしまう可能性があります。
そのため、薄毛や抜け毛で悩んでいるのであれば、ストレスによって血流が滞っていることを改善しなくてはなりません。

髪や頭皮は、身体の末端にある部位のため、栄養や酸素が充分に届きにくい場所です。
そのため、髪の調子が悪い・抜け毛が増えた・薄毛が気になるということは、ストレスによる変化のサインだと考えるべきです。
闇雲にヘアケアをするのではなく、こうした面からも髪への健康を考えることも大切です。




次の記事へ >  現代病の頭皮神経痛とは


< リスト一覧へ戻る

  • カートにいれる
  • カートにいれる
  • カートにいれる

  • カートにいれる
  • カートにいれる




 
ページトップ