• 楽天
  • 口コミ
  • モンド・セレクション
  • 井上先生インタビュー
  • 10%をポイント還元
  • 10%OFFチケットを贈呈中
  • 返金制度
  • モニター募集
  • SET購入で更にお得に
  • 座談会 座談会1 座談会2 座談会
  • アラヴォーテルネッサンスシリーズ ルネッサンスシャンプー ルネッサンスコンディショナー ルネッサンスエッセンス ルネッサンストライアル ルネッサンス3日間お試し
  • プリミエシリーズ プリミエシャンプー プリミエコンディショナー プリミエ3日間お試し
  • @cosme
  • 社長ブログ
  • フェイスブック
  • スキンケア大学
  • 楽天市場店
  • アマゾンショップ
 
  1. ホーム >
  2. 正しいシャンプーの選び方・使い方 >
  3. 精神的なダメージが髪質に影響を与える理由

精神的なダメージが髪質に影響を与える理由

ストレスが溜まると抜け毛が増えてしまいます。
ストレスが溜まるというのは神経が休まらない状態で、休まらない状態ということは血管が緊張状態で収縮波が生まれないということです。

収縮波というのは、波を打った血管の流れです。
血液を活性化させるには、ストレスをためないで交感神経と副交感神経の両方が交互に動くような循環を生み出さなければいけません。

ずっと悩みが頭の中を駆け巡って、就寝時まで常に脳が緊張状態になってしまうと、血流が滞留して次第に毛根のほうまで血流がしっかりと行き渡らないという悪循環が生まれてしまいます。

ストレスの解消方法

ストレスを解消するには、脳の神経を休ませる副交感神経を活発化させる必要があります。 副交感神経はリラックスした環境で

・ご飯を食べている時
・本を読んだり音楽を聴いている時
・テレビを見ている時
・お風呂に入っている時
・就寝時
などの状態になると働く神経です。
神経がリラックスしている状態はアセチルコリンと言われる物質が働き、体を安らげる状態にしてくれます。

副交感神経が働いているときは血管が緩んで筋肉も緩みます。
また、そこから気持ちのスイッチが入って交感神経が働くことで血流の流れを活性化させる効果が期待できます。

できるだけリラックスすることを日頃から意識しましょう。




次の記事へ >  寝不足による髪の毛への影響


< リスト一覧へ戻る

  • カートにいれる
  • カートにいれる
  • カートにいれる

  • カートにいれる
  • カートにいれる




 
ページトップ