• 楽天
  • 口コミ
  • モンド・セレクション
  • 井上先生インタビュー
  • キャンペーン
  • 10%をポイント還元
  • 10%OFFチケットを贈呈中
  • 返金制度
  • モニター募集
  • SET購入で更にお得に
  • 正しいシャンプーの選び方
  • お友達紹介
  • 初めての方へ
  • 座談会 座談会1 座談会2 座談会
  • アラヴォーテルネッサンスシリーズ ルネッサンスシャンプー ルネッサンスコンディショナー ルネッサンスエッセンス ルネッサンストライアル ルネッサンス3日間お試し
  • プリミエシリーズ プリミエシャンプー プリミエコンディショナー プリミエ3日間お試し
  • @cosme
  • 社長ブログ
  • フェイスブック
  • スキンケア大学
  • FAX注文
  • アマゾンショップ
  • 卸を希望される業者様へ
  • 卸を希望される業者様へ
  • 会社概要
  • 取扱店舗
 

硬い髪の原因とは

生まれ持ってもともと髪質が硬い人もいれば、生活習慣の乱れから髪が硬くなる人もいます。
髪が硬くなる要因は、髪を形成するケラチンに問題があります。
髪の毛は分断すると3つの層からできていて、中心部分がメデュラ、その周りを覆っているのがコルテックス、そして髪の表面のキューティクルから構成されています。

髪がパサついたり、傷んでいる場合はキューティクルの損傷が心配されますが、髪が硬いということは髪の内部にも原因があります。
メデュラやコルテックスを構成しているのはタンパク質です。
つまりタンパク質を生成するときに結合しているケラチンの密度が凝縮されていることが、髪質を硬くしている要因と考えられます。

コルテックスに多少の余裕があった方が吸水性が上がりますので、保湿力も高まります。
ただ水分がないとスカスカの状態になって髪が傷みやすく、パサついてしまいます。
髪が硬いということはそれだけ密度の濃い髪質になっているので、悪い事ではありません。

硬い髪の毛の対処法と予防法

たんぱく質に変化するアミノ酸を多く配合した育毛剤やシャンプーを使うことで、髪質を徐々に柔らかく改善することができます。
高い効果を得るためには、もともと配合されている育毛剤やシャンプーから直接頭皮に塗布した方が毛乳頭へ直接作用しますので、効果を期待できます。

保湿力を必要としていますので、シャンプーの後に必ずコンディショナーやトリートメントによるケアも行いましょう。
ツヤを与え、髪内部のコルテックスの水分量が上昇します。

髪の表面が硬いと感じる場合は、キューティクルが剥がれてボロボロになっている可能性がありますので、キューティクルを閉じる作用のあるトリートメントやシャンプーも併用していくと良いでしょう。
キューティクルが変性を起こした場合、元の状態に戻るのはなかなか難しいです。
特に熱を加えるドライヤーやパーマをあてる時に変性が起こりやすいので注意が必要です。



次の記事へ >  髪と肌荒れの関係について


< リスト一覧へ戻る

  • カートにいれる
  • カートにいれる
  • カートにいれる

  • カートにいれる
  • カートにいれる




 
ページトップ